FC2ブログ

願望と絶望、グレートリセット

2020. . 25
米国は新型コロナウイルスの感染拡大で停滞していた
経済活動の再開を始めた。

20日には感染抑制のために導入した行動制限を
一部緩和する動きが全50州で起きている。

しかし、半分の24州、特に、中西部で制限緩和後に感染が
拡大し、二次感染爆発の可能性は高い。

大戦の相手は無慈悲で、政治家の思惑など全く
無関係である。

ワクチンや特効薬でも出来ない限り、浅はかな願望と深い
切望で2年近く過ごすことになる。

際限のない財政金融政策で短期的な経済損害を
幾許か防いでも実体経済悪化から金融危機に転化
するリスクはかなり高い。

実体経済の企業収益が急減≒失業急増と金融緩和による
株価上昇の乖離は臨界点にいずれ達する。

長期株価バリュー尺度であるシラーPEはリーマンショック時
15倍、現時点では28倍。無制限の金融緩和に超楽観的な
株式市場は熱狂といえる。バブルをもう一度と、、、。

しかし、幸運が重なり、緩やかに回復しても、無制限に
膨らませた金融財政政策の正常化はどうするのか。
FRBはリーマンショック以降の空前の金融緩和に見事に
失敗した。永遠に紙幣を刷り続けることは不可能だ。

経済危機が来るたびに、加速する金融緩和と財政政策
に永遠はない。停止した時には、大きなつけをはらう
ことになる。

溢れかえった「お金」に見合う経済規模になった時
強烈なインフレになる。深刻なデフレあのあとは
深刻なインフレが摂理。

大恐慌から黄金分割90年後の2020年に再び
グレートリセットが始まった。



            PE.gif






スポンサーサイト



Zoomセミナー告知

2020. . 16
【ZOOMセミナーのお知らせ】

スペイン風邪から1世紀ぶりのパンデミックにより、1929年大恐慌
以来の未曾有の事態となりました。
金融経済は、パンデミックというトリガーは予想外でしたが、2020年
からの金融経済動乱は予想通り、 今後の展開が2023年の
世界恐慌5.0そして2025年からの新世界になる可能性については、
参加の皆さんとこれまでに共有してきました。

今回は、世界恐慌が現実に迫る中、金融経済について
緊急セミナーを開催します。

【日時】 : 6月6日(土)14:00~15:30 

なお、緊急事態宣言下zoomによる無料オンラインセミナー
となります。下記のHPからお申し込みください。
締め切り6月1日となっています。お早めに!

主催 ワカバヤシFXアソシエイツ ホームページ

日銀株とドイツ銀行株

2020. . 10
各国政府が失業者への直接支援や医療費の積み増しなど
思い切った財政出動で経済を支える。

金融政策もFRBや日銀は国債購入の上限を取り払い
、英イングランド銀行や欧州中央銀行(ECB)も巨額
の国債やユーロ債の購入を決めた。

当初の定義の問題はどうあれ、財政政策と金融政策は
溶けあい最終的には財政ファイナンスに行きつくだろう。

コロナウィルスとの世界大戦が短期であれば、節度ある?
金融財政政策論なされるが、ワクチンも新薬も決定的に
ない2年程度は、企業と個人の破綻防止(ソルベンシー
問題)でいずれ出口が見えなくなる。

そんな状況で、中央銀行の役割がぼやけてくるだろう。

ここに、興味深いチャートがある。日銀株(ロウソク足)と
ドイツ銀行株(実践)は見事に相似形である。(チャーチは
指数化した比較、価格そのものではない。)

ドイツGDPの数倍を超えるデリバティブ保有するドイツ金融
の屋台骨、ドイツ銀行。かたや、日本GDPを超える国債保有
の銀行の中の銀行、日本銀行。

            日銀


両行の行きつく先は、、、。

混沌の先がディストピアなのかユートピアはまだ分からない。




A.C1 2023年 新世界

2020. . 03
恐慌5.0(英語の意味5.0は異次元の意)へのカウントダウン
のつもりで始めたブログ10年、そして金融経済セミナーでは
差し迫るタイミングも逐次お話してきた。
(その点からは、関心を持っていただいた方は
心の準備は持ってい頂けたと思います。)

しかし、その切っ掛けは、戦争或いは世界規模の事故
あるいは災害を想定し、疫病という想定はしていなかった。

14世紀を終わらせ、人類の歴史を変えてきたのが疫病という
ことを考えれば当然であった。2018年頃にはその危険性が
世界中で語られていたのも事実。

関心は、始まってしまった恐慌5.0について、世界3大投資家
の発言は如何かだったが、ジムロジャース氏やバフェット氏
の発言が報道されている。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は5月2日開いた
米バークシャー・ハザウェイの年次株主総会で、
保有する米大手エアライン4社の株式をすべて
売却したとし、世界は変わる、乗客は戻らい」と発言
したと報道された。(日経朝刊5月3日)

4月初旬、ジム・ロジャース氏は、極端な総悲観後の相場反発
はしばらく続くかもしれないが、さらなる総崩れが
差し迫っていると予想。「今後数年は、私の人生で
最悪の弱気相場
になると予想する」と語った。
(ブルンバーグ4月1日)

ただし、ジムロジャースは最も打撃の大きいセクターについて
一部投資する機会を待っているとしている。流石。

ペストが中世14世紀を終わらせたように、武漢肺炎で近世が
終わる。そして、BforeコロナとAfterコロナがB.CやA.Cと
明確に認識する過渡期(Withコロナ)がこれからの数年間。

A.C1(2023年)からの新世界をどう考えるかで人生が
大きく変わるだろう。

歴史の危機で起きたパンデミック

2020. . 25
米議会予算局(CBO)は24日、経済見通しを改訂、
4~6月期の国内総生産(GDP)が年率換算で前期比
マイナス39.6%減に落ち込み、財政赤字は年3.7兆ドル
と戦後最悪の水準となると予測。

新型コロナの感染拡大の封じ込めに成功すれば、
7~9月期は23.5%の大幅なプラス成長し、年間では
マイナス5%で、来年21年は2.8%とハッピーエンド。

前提となるのは、感染拡大封じ込め、今後2ヶ月
シャットダウンした経済システムを資金繰りで
支えなければなければならない。

多くの企業にとって、6月末まで2カ月は資金繰りは
血みどろの戦い。3ヶ月売上40%減では約2割で
資金繰りが枯渇するという。

このような状況下、テクニカル分析では米国株を
どう考えるか。

          SP500200425.png


2カ月急速な下落後の現在起きている上昇はショート
カバー(売りの買戻し)に過ぎないと思うが、黄金分割
サイクルでは来月5月前後で一旦大きな中間反騰が
期待できる。

しかし、コロナとの戦いは、第二波感染で再開し、
金融経済へのインパクトは大きな後遺症を伴い、
更に大きな下落となり2023年まで実体経済から
金融システムのグローバルリセットにつながると
予想している。

『歴史の危機』で起きたパンデミックの含意を
深く考えなければならない。









 HOME