日銀の 『永遠のゼロ』

2017. . 22
日銀は「19、20日の金融政策決定会合で、短期金利を
マイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する現行
の金融政策の維持、国債買い入れについても、保有残高
を年間約80兆円増加」と決定した。

また、消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)見通しを
下方修正し、目標とする物価2%の到達時期を「19年
度ごろ」に6度目の先送りをした。

つまり、戦後英国が長期間おこなった「金融抑圧」を真似る以外
日銀には選択肢がない。

英国の金融抑圧の結果は、世代が進み、記憶が薄れているが
悪名高い「英国病」に陥り、通貨価値は約8分の1(通貨安)。

では、短期金利ゼロ、日銀による500兆円に近い実質財政
ファイナンスが、英国のように50年のオーダーで続けられる
保障はない。

むしろ、欧米中央銀行が金融緩和終了を目指し、金利上昇
の津波が来れば、日本だけが「永遠のゼロ」
でいられるわけがない。

金利上昇で日銀破綻を市場が認識すれば、信用リスク拡大
につながる。信用リスク上昇が一旦始まれば、景気後退で
あっても金利上昇が止まらない。

では、その含意を債券市場は、どう受け取っているのだろうか。

週足チャートは、長期トレンドラインを完全に下回る中、
直近黄金サイクルはボトムをうち、中期移動平均を上限に
もみ合いとなっている。

         20170722JGB.png


しかし、このもみ合いは、長期下落トレンドを走り出すため
のエネルギー蓄積の局面であろう。そして、次の23カ月サイクル
は超弱気になると考えている。

金利の「永遠のゼロ」が終わった時、どうなるか?想像は辛いが、
しなければならない。

スポンサーサイト

【告知】四半期セミナー(9月2日)のご案内

2017. . 22
         マーケットクロスオーバー 
             四半期(9月2日)セミナー

  機能不全が露呈するトランプ政権、暴走する北朝鮮、
  混迷しつつある中東情勢とますます不確実性が深まって
います。

  一方、リーマンショックを超え膨張するバブルが再び崩壊の
  危機が近づきつつあります。

  セミナーでは、2017年後半と来年を展望したマーケット動向
  を解説します。皆様のご参加をお待ち申し上げております。
                            (定員25名)
   【内容】
        ①米国ワシントンからの最新トランプ情報
        ②金融経済解説

  日時:9月2日(土) 14:00-17:00
  場所:TKPスター会議室 四谷
      〒160-0004
      東京都新宿区四谷1-8-6
      ホリナカビル内 第一会議室

  詳しくは アービントンリサーチHPをご覧ください。↓
          アービントンリサーチHP

*参加申し込みの場合、<問い合わせ>→
<セミナー申込みフォーム>→<参加ご希望セミナー>
→9月セミナー選択 と進みください。

              マーケットクロスオーバーチラシ9月

ドル指数は忍耐の時間帯

2017. . 19
オバマケア改革の完全な失敗し、半年経っても全く
国内的な実績が示せないトランプ大統領。

国内がダメなら、外交で目立つ興業を考えるのは、
どこの国でも、いつの時代でも同じだろう。

歴史的な視点外交が成功した自画自賛のトランプ氏
ではあるが、実際は武器商談で実績をあげているだけ。

その商談で寧ろ予測不可能性が高まっているという
のが実態。地政学的なリスクが再び8月に高まりつつある。

一方、英国離脱でますます閉じた帝国となった欧州は
FRBに呼応するように、金融緩和終了に向けた動きが
見えてきた。

このような状況の中、ドルインデックスは循環的な調整を
展開中である。黄金分割72カ月サイクルのボトムを付ける
時間帯にある。

Kアロゲーター(複数の移動平均)は下顎を割み、MACDも
モメンタム減速を始めている。

夏場から秋にどこまで調整するか身構える時期が
迫っている。しかし、一旦72カ月サイクルボトムの後は、
強烈なドル高開始となる。それまでは先ずは忍耐。

        20170719為替

ビットコインはチューリップではない

2017. . 17
ビットコインは暴落商状、16日午後9時前に1900ドルを割る
場面もあった。

8月1日にビットコインが複数の陣営に分裂する可能性があり、
先行きの不透明感を嫌気した個人投資家が利益確定売から
出口に殺到している。

 下落の要因は分裂騒動。ビットコインは最近の仮想通貨
ブームで取引量が増え、ブロックチェンの取引確定に時間が
かかるようになった。

その解決方法を巡って取引記録をまとめる事業者と利用者が対立。
利用者側は8月1日に「新たな枠組みをつくる」と予告している。

識者の中には、チューリップバブルと擬して、論じる向きもあるが
筆者はこれまで述べてきたように少し受け止めは異なる。

ドル基軸通貨体制の賞味期限が10年以内に到来し、
デジタルドルSDR通貨体制に移行するまでの重要なエピソードが
ビットコインのブームアンドバーストである。

暗号通貨にファンダメンタルズなどない。そんな話ではない。

アプローチは、複雑系のテクニカ分析で考えてみよう。

対数BTC/円週足は、時間をかけ、「1-2、1-2」パターン
の振動から浅いトライアングルを抜け、暴騰し、30万円
を超えた。

恐らく、大幅下落ではあるが、大勢3波の途中の調整に過ぎない
だろう。

最初のターゲットは、15万円を割り込んだレベル、時間帯は11月。

              ビットコイン201707017

700種類の栄枯盛衰から生き残った暗号通貨が2025年の新通貨体制の
礎となるだろう。


マーケット・クロスオーバー       スカイプセミナー(無料)

2017. . 12
不定期で行う、音声(のみ)+数枚スライド(共有表示)による
無料SKYPセミナーです。

日時:7月19日(水)19時から15分程度
内容:重要と思われる一つのテーマ

ご参加希望の方は、以下のSKYP名を検索、アクセスし、
SKYPの折り返しご連絡をお待ちください。
    SKYP名: 厚至神成 あるいは live:irvington_2

    登録締め切りは  7月13日(木曜日)12時

 

 HOME