ビットコインは一旦佳境

2017. . 16
来週以降の米韓合同演習をまえに北朝鮮との
チキンレースはどうにか沈静化しそうだ。

一方、ビットコインについて8月4日以降の高ボラティリティ
必至と述べてたが、実際には、地政学的なリスクの高まる中
分裂騒動を乗り越え、暴騰という結果になった。

      BTC20170804.png

しかし、その目標も上限に一旦達し、本日トップアウトした。
モメンタムを見ても加熱したところであるので短期的な佳境。

       2017816BTC.png

在韓米国市民の避難の噂もないようであるからまずは安心。
何とか、米朝の衝突は当面は回避され、避難先のBTCへの
資金流入が沈静化しそうである。
スポンサーサイト

【告知】四半期セミナー(9月2日)のご案内

2017. . 15
         マーケットクロスオーバー 
             四半期(9月2日)セミナー

          申し込み締め切り 8月25日  
  機能不全が露呈するトランプ政権、暴走する北朝鮮、
  戦争リスクが前回解説したようにますます高まってきました。

  一方、リーマンショックを超え膨張するバブルが再び崩壊の
  危機が近づきつつあります。

  セミナーでは、2017年後半と来年を展望したマーケット動向
  を解説します。皆様のご参加をお待ち申し上げております。
                            (定員25名)
   【内容】
        ①米国ワシントンからの最新トランプ情報
        ②金融経済解説

  日時:9月2日(土) 14:00-17:00
  場所:TKPスター会議室 四谷
      〒160-0004
      東京都新宿区四谷1-8-6
      ホリナカビル内 第一会議室

  詳しくは アービントンリサーチHPをご覧ください。↓
          アービントンリサーチHP

*参加申し込みの場合、<問い合わせ>→
<セミナー申込みフォーム>→<参加ご希望セミナー>
→9月セミナー選択 と進みください。

              マーケットクロスオーバーチラシ9月

金価格、上昇臨戦態勢!?

2017. . 14
8月21日米韓軍事演習をまえに米国トランプ、
北朝鮮KIMの「口戦」がエスカレートしている。

8/25前後はグアムへのロケット発射攻撃があるので
ないかとの観測もある。

一方、トランプ周辺からは、トランプ「口撃」とは反対に
冷静な発言が聞こえている。いずれにしてもこんな
米国大統領は初めてなのだ。

しかし、分裂終息とはいえビットコインの暴騰ぶりや
金価格の動きは不気味な雰囲気を放っている。

金価格は、2011年高値からのレジスタンスを明確に
上回っており、Kアロゲーターは収束から口をあける
寸前。

        GC20170814.png

事の成り行きを見守るしかないが、有事の金への
臨戦態勢は整ってきた。

ビットコイン 嵐の到来を予感

2017. . 04
パーフェクトストームを何とか乗り切ったビットコイン
足元は、嵐が過ぎ去ったあとの凪のような状況である。

しかし、今後は大きな変動が待っている。これまで、上にも
下にも30~40%の価格変動を繰り返して来た。

日足(対数)は、現在、調整4波Cが終了し5波初期あるいは
中間反騰B(つまり次は大暴落)

モメンタムMACDは後者である可能性を示唆しているが
Kアリゲ―ターは収束してから上昇の態勢をとっている。
     
       BTC20170804.png

今は、静観するしかないが、暴落も下値は1500のカオスで
長期目線で考えれば良い。

新高値を取るようであれば、更に大きな上昇が待っている。

暗号通貨の流れは、止められない・・・



ビットコインはチューリップではない(再掲)

2017. . 01
ビットコインは暴落商状、16日午後9時前に1900ドルを割る
場面もあった。

8月1日にビットコインが複数の陣営に分裂する可能性があり、
先行きの不透明感を嫌気した個人投資家が利益確定売から
出口に殺到している。

 下落の要因は分裂騒動。ビットコインは最近の仮想通貨
ブームで取引量が増え、ブロックチェンの取引確定に時間が
かかるようになった。

その解決方法を巡って取引記録をまとめる事業者と利用者が対立。
利用者側は8月1日に「新たな枠組みをつくる」と予告している。

識者の中には、チューリップバブルと擬して、論じる向きもあるが
筆者はこれまで述べてきたように少し受け止めは異なる。

ドル基軸通貨体制の賞味期限が10年以内に到来し、
デジタルドルSDR通貨体制に移行するまでの重要なエピソードが
ビットコインのブームアンドバーストである。

暗号通貨にファンダメンタルズなどない。そんな話ではない。

アプローチは、複雑系のテクニカ分析で考えてみよう。

対数BTC/円週足は、時間をかけ、「1-2、1-2」パターン
の振動から浅いトライアングルを抜け、暴騰し、30万円
を超えた。

恐らく、大幅下落ではあるが、大勢3波の途中の調整に過ぎない
だろう。

最初のターゲットは、15万円を割り込んだレベル、時間帯は11月。

              ビットコイン201707017

700種類の栄枯盛衰から生き残った暗号通貨が2025年の新通貨体制の
礎となるだろう。


 HOME