FC2ブログ

中国のドルポンジースキーム

2018. . 21
米中貿易摩擦は大騒ぎするような話しではないという
有識者やヘッジファンド運用者を見かける。

しかし、世界の中央銀行が不良債権を抱え込み
身代わり地蔵となって膨らませた資産価格上昇の
世界で、足元の実体が崩れてしまうのだ。

大騒ぎして当たり前。小さな綻びが大きな激変を
引き起こす。雪崩、ダムの一穴、...

金融経済は『複雑系』システムである。何度も
経験しても覚醒しない人間が多いとみえる。

中国中央銀行の人民元の供給の裏付けは、100%
ドルである。米国からのマネーフローが少なくなれば、
巨額な不良債権が膿をまき散らす。

中国は世界最大の輸出国、第二の輸入国。経済が
回らくなれば、世界経済がおかしくなる。

ドルが流入すると、中央銀行はそれを買い取り人民元
を発行する。ドルの流入量よりも過剰に人民元を供給
すると、インフレを引き起こす。

つまり、日銀が日本国債を裏付けにした円の異常な
供給なら、中国中央銀行はドルを担保にした元の供給。

どちらのポンジースキーム(ねずみ講)がましか
というだけの話しである。




スポンサーサイト

【告知】5月定期セミナー開催

2017. . 21
影の政府(ディープ・ステート)との暗闘が激化するトランプ
政権。一方、緊迫する半島情勢や中東情勢を踏まえ、年後半の
金融経済について解説します。奮ってご参加ください。

              マーケットクロス・オーバーパンフ5月13日
  
     <セクター分析>        
              機械セクター


場所は、前回と異なります。ご注意ください。
セミナーお申し込み

【告知】マーケット・クロスオーバー2月セミナー

2017. . 21
 トランプ大統領がいよいよ始動開始。米国第二のジャクソン
(第七代大統領) 革命により米国は分断の危機が訪れるで
しょうか。
「歴史の危機」で登場した トランポノミクスは、果たして世界
の金融市場にとって大吉か大凶か。激動の 2017年酉年の
マーケット予想と中期的投資戦略を解説します。 
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
   ①最新米国ワシントン情報
   ②マーケット分析(日経平均、金利、ドル円、金価格等)
   ③投資戦略

                        残席数席 
       講師   神成厚至
      開催日   2月25日(土)       
       時間   14時から17時 (セミナー) 
受付14:00-14:15
        場所   TKPスター貸会議室 四谷第1 会議室
              〒160-0004
              東京都新宿区四谷1-8-6
              ホリナカビル内 第一会議室

       参加料  5000円(税込み)
       主催   ワカバヤシFXアソシエイツ(株)
             申込みサイト

セミナーで説明した地震と本日の地震

2016. . 22
セミナーでお話しした12月前後一ヵ月に起こる
地震が本日の地震と同一かは

もう少し情報整理いたします。お待ちください。

「それでもトランプが勝つ・・・」

2016. . 29
ご存じのように米国大統領選が大変な状況である
全ての転換点はここから

今週は、ビデオニュースドットコムの無料放送を見ておくことを
お勧めします。

ビデオニュースドットコム
 HOME