日本株モデルは再上昇

2018. . 08
新年あけましておめでとうございます。

日本株のテクニカルモデルは、再上昇をはじめました。
昨年は28%のり―ターンでした。

モデルなので恣意的な解釈はすべきではありませんが
エリオット波動は上昇5波を展開中でしょう。

     20180108.png

日本株を取り巻く環境は、まだよいので、要するに米国株
次第。その米国はFRBの政策がいよいよ2018年は大きく
変わるので日本株も今年は利益確保が優先。

では、今年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

依然としてポジション保有

2017. . 10
先週の下落局面で、ポジション手仕舞い寸前で
切り返し、越週しました。
しかし、手仕舞いのポイントは上昇するので、
年内のどこかで売りシグナルには要注意か!
      テク1210

上場255/週足モデルシグナル

2017. . 27
<テクニカル週足売買モデル>
    Wモデル20170927
(注)シートフォールリスク:一年後損失確率

ビットコインは一旦佳境

2017. . 16
来週以降の米韓合同演習をまえに北朝鮮との
チキンレースはどうにか沈静化しそうだ。

一方、ビットコインについて8月4日以降の高ボラティリティ
必至と述べてたが、実際には、地政学的なリスクの高まる中
分裂騒動を乗り越え、暴騰という結果になった。

      BTC20170804.png

しかし、その目標も上限に一旦達し、本日トップアウトした。
モメンタムを見ても加熱したところであるので短期的な佳境。

       2017816BTC.png

在韓米国市民の避難の噂もないようであるからまずは安心。
何とか、米朝の衝突は当面は回避され、避難先のBTCへの
資金流入が沈静化しそうである。

金銀比率シグナルは機能不全?

2016. . 20
金価格と銀価格の比(GSR)はリーマンショック前まで正確に
米国株暴落を言い当て来ました。

つまりGSRに急騰と株価下落は逆相関。その閾値は60。

現在、数年間におよび閾値を上回っている。

リーマンショックは、この関係を破壊され、まるで
順相関のような振る舞いとなっている。

2012年9月からQE3は、米国債450億ドル・MBS400億ドル
・計850億ドルを毎月買い上げ続け、2013年12月までの
16ヶ月間で総額1兆3,600億ドルを買い上げるというQE1に
匹敵する大規模が起こしたこと。

米国株上昇は、低金利調達による自社株買いと中央銀行
や(公的)年金等の投資。

自社株買いによる株価上昇は、役員の
ストックオプションで巨額の報酬になる・・・欲望のままに

中央銀行の株式購入は・・・何故か、言うまでもない。

世界的な異次元の金融緩和は、5000年(?)の人類史上
初めて世界中がゼロ金利を目指す時代であることを示す
出来事が続く・・・

そして、先週、グリーンスパン氏は、近い将来
驚くような金利上昇と景気後退(スタグフレーション)
が起こると警告した。

いつか?9月か大統領選後なのか・・・要注意。

            GSRと株
 HOME