FC2ブログ

極力、逃げておく。

2020. . 26
オクトーバーサプライズ!

18日に死去したリベラル派のルース・ギンズバーグ
最高裁判事の後任に、第二審の連邦控訴裁判事
を務める保守派エイミー・バレット氏(48)決まった。

これで、9人最高裁判事のうち6人が保守派となる。

未だに4万人と驚くような新感染者が出る中、
景気問題が争点であった大統領選テーマが、
妊娠中絶等お馴染みの政治テーマに戻ってきた。

トランプに有利な展開。

因みに大統領選と米国株の関係は、良く知られる
ように現職勝利ならば1944年以降10回中7回平均
1.4%上昇、敗北9回平均2.1%下落。

空前の金融緩和とワクチンへ期待から引き揚げ
られた株価と実体経済の乖離が明らかという状況で
大統領選挙の結果はかなりのインパクトとなる。

今後の巨額な不良債権に怯える金融株は
正念場となっている。

リーマンショック後132ヵ月で一旦下げ止まったが
三角持ち合いとなっている。パターンで言えば
もう一段、来年夏まで下落となる可能性がある。

        米国銀0926


その意味では、トランプ敗北?

今回は大統領選結果が郵便投票で大混乱となり
米国分断が加速してしまうシナリオかもしれない。

リスク許容度によっては米国株から
離れておきたい時期である。






スポンサーサイト



秋のパーフェクトストーム到来

2020. . 22
夏が終わり、気温が低下する中、予想されて
いたように欧州では新型コロナの感染拡大
ペースが再び速まり、英国では規制強化の動き。

危険な感染第二波の到来。有効なワクチン
は間に合わない。トランプが叫んでも無理、、、。

米国大統領選も50日を切った。

動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を巡る
米中対立の激化し、米議会では政争に明け
暮れ、経済対策は決まらない。

株式市場はパーフェクトストームが目の前に
迫っている。大統領選年はいつものことだが
今年は特に大型の嵐である。

多くの有識者、特に民主党は大統領選は
尋常な終わり方にならないだろう。年内に
決着がつけば良い方だろう。

米国を二分した大混乱は必至。

そう考えると、株式市場参加者がリスクオフに
ならざるを得ない。

特に、ハイテク株は危ない。

テクニカルには、3月末の行き過ぎた下落の
反動で上限を上振れた最終5波から下落が
継続している。

       tvc_ebf8b517964ce25526c7d9c1d704e9ae.png


テクニカルの常識的には19週の調整が
起こる。来年1月中旬までは調整が続く
可能性を視野にするべき時期であろう。







金融 特別警戒!

2020. . 06
コロナ禍で異常事態の中、大統領選が
前回の世界金融危機と同様に起きて
大波乱必死。

テクニカル上は長期メガホンパターン
とは禍々しい。

      tvc_b55db3d51a87c071fb9e6b0fe1bc6007.png

日本は安倍政権レジュームで菅内閣発足
とはこれからの危機を乗り切れるだろうか。

特別警戒📣です。


燃料電池トラック 二コラ

2020. . 16
米国大統領選の最大の注目点であった
民主党副大統領候補。

巷間で言われていた通りの人選であった。

バイデン大統領候補の試金石であったが
最強のランニングメイトとなった。

大統領選まで2カ月強となったところで
大統領選後の投資環境シナリオを見直す
時期となっている。

パンデミックはワクチンが出来たと喧伝
されても、効果は期待薄で、どちらの候補が
勝利しても、驚愕の金融緩和と財政出動は
い年程度は継続だろう。

ただ、議会をどちらの政党が制するかは大きい。

どちらが勝っても共通のテーマを考えておく
ことが必要であるが、より民主党よりのテーマは
再エネ、電気自動車、バッテリー技術やサステナブル
投資となる。

市場は、テスラが象徴するように電気自動車
に熱い注目を注いでいる。

そんな中、燃料電池トラック 二コラモーター(KKLA)
が6月にナスダックに上場し、話題となっている。

同社が興味深いのは、水素発生装置のエネルギーに
米国大統領選の最大の注目点であった
民主党副大統領候補。

巷間で言われていた通りの人選であった。

バイデン大統領候補の試金石であったが
最強のランニングメイトとなった。

大統領選まで2カ月強となったところで
大統領選後の投資環境シナリオを見直す
時期となっている。

パンデミックはワクチンが出来たと喧伝
されても、効果は期待薄で、どちらの候補が
勝利しても、驚愕の金融緩和と財政出動は
少なくとも1年程度は継続だろう。

つまり、金価格上昇、株式を支えている原動力
実質金利マイナスがまだ続く。

ただ、議会をどちらの政党が制するかは大きい。

どちらが勝っても共通のテーマを考えておく
ことが必要であるが、より民主党よりのテーマは
再エネ、電気自動車、バッテリー技術やサステナブル
投資となる。

市場は、テスラが象徴するように電気自動車
に熱い注目を注いでいる。

そんな中、燃料電池トラック 二コラモーター(NKLA)
が6月にナスダックに上場し、話題となっている。

          NKLA.png

同社が興味深いのは、水素発生装置のエネルギーに
ニコラは炭素排出量を削減するために、水力や太陽
光発電などの再生エネルギーのみを用いて、
水素を生成している点。

テクニカルで言えば、IPOの暴騰からいつもの
調整2波終了し、55㌦を確り抜ければ、いよいよ
上昇過程入りと考えてよいだろう。

勿論、共和党になってもはクリーンエネルギー
トレンドは長期投資テーマ。

大統領選サイクル後の投資テーマをじっくり
夏休みで考えてみることにしよう。




金 2000㌦は通過点

2020. . 09
歴史の危機の中にあり、世界は「グレートリセット」
に呻吟している。

パンデミックは以前ハーバード論文で示されたように
少なくとも2年間、感染爆発と鎮静を何度も繰り返す
可能性がある。

その間、途方もない金融緩和と財政悪化を甘受せざる
を得ないが、結果、最後はどうなるだろう。

最終的には、ダボス会議がテーマとした「グレートリセット」
が起こる。

グレートリセットの行き着く先は国際基軸通貨体制、
国際金融支配体制のリセット。

この文脈で1世紀ぶりの第二次感染世界大戦と来る
金融恐慌を考えなければならないだろう。

そう考えると、単に「ドルの信認を問う」というのは
一時的なことではなく、2025年国際金融通貨リセット
まで続く。

9年ぶりに史上最高値更新した金価格の価格変動は
激しいが、正貨としてますます重要資産。

金価格2000㌦は通過点に過ぎない。

      tvc_12277af531d84b96a7d6dda48fad9963.png

トランプ大統領の指名によるFRB新理事候補が金本位制
に理解を示す2人という辺りも何か伏線がありそうだ。



 HOME