FC2ブログ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』とアニマルスピリッツ

2011. . 18
VIX0618

 3D「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」は「シカゴ」のロブ・マーシャル監督のシリーズ第3作。前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』続編。前作ラストで「生命の泉」の地図を手に入れたジャック・スパロウは、覇権争いにあるイギリス、スペイン両国、史上最恐の海賊黒ひげらの戦いに巻き込まれながら再び冒険の旅へ…人魚伝説、恋、アクションすべてのエンターテイメント要素てんこ盛りの一作。ツーリストでこけたジョニー・デップだが、やはりジャックスパローは最高に楽しい。そして女海賊アンジェリカは、遂に登場的ペネロペ・クルス…。なぜこのキャラクター隠していたのか(もともと隠していないと言われそうですが)と思わず叫びそうになる出来栄え。完全にシリーズの主要キャラになり、幾らでもシリーズ化が出来そうである。3.11後、悲惨、怒り、絶望…の淵にある日常から一瞬抜けだせる清涼感のある一作、必見である。
 さて、金融市場はいよいよ大時化に乗り出した。水平線には深く垂れこめるどす黒い雲が見えている。鉛色でうねる海に船は軋み、北風の咆哮が耳をつんざく。このような中で、船を漕ぎ出すのは、輝かしい一攫千金への冒険なのか自殺行為なのか。現代の海賊、ヘッジファンドは既にファットテールに備えた構えである。VIX指数は、いよいよ上昇のタイミングと見える。中国、インドと新興国は金融引き締めを強化し、株式市場は調整色を強めている。風向きが変わった…。

 映画の最後、すぐに席を立ってはいけない。すべてが終わっても、次の「冒険の予感」が託される。冒険は明日への希望である…常にアニマルスピリッツを。 (了)
 
 

 

 
 
 HOME