FC2ブログ

年末 日経平均と人口動態を考える

2013. . 21
        日経平均と人口動態

 2013年も残すところ10日余り、来年の予測が花盛りである。
多くが、かなり強気明るい見通しが多いのはご存じの通り。

 当ブログといえば、2013年は株式上昇は年央に佳境、中だるみ
最後の上昇を年末としていたので、、それほど違っていなかった。

 エリオット波動で言えば年央は3波、中だるみが4波、年末が5波
というカウントであった。しかし、年末にかけて5波は最終上昇である。
上昇5波動を終えてしまえば、次は3波下落が来年に待っている。

 近視眼的に来年の予想する前に、この時期はやはり少し長期的な
見方を確認したほうがいいかもしれない。

 チャートは、実質日経平均(青)と15歳以上人口前期比である。
かつては、人口動態と金融市場というと胡散臭く考えられたが、
BRICsブームのお蔭で、真剣に研究する人も増えた。

 チャートを見ると、30年間でこれほど相関が高いと、人口動態
が極めて重要な要素と考えざるを得ない。つまり含意は、実質
日経平均は人口動態に規定される。(決定係数0.74)

 そして、官制資産インフレを引き起こす理由がここにある。人口
動態でいえば、どのような推計をしても長期下落でしかない。株式
上昇が、どれほど影響か「アベノミックス」を見ればわかる。
(見方を変えれば、基本的な今年の株価上昇は、すでに決まっていた。
人口動態は短期的な政策では変えられないから)

    劇薬でも、飲んでみるしかない。

従って、来年も途方もない金融緩和が加速する事態を想定
しなければならない。


 今年は、少し早いのですが、これにて終了。

     皆さん、メリー・クリスマス!!
        よいお年を
スポンサーサイト
 HOME