FC2ブログ

ダウ正念場の3重レジスタンス

2014. . 21
   
     DOWトリプルレジスタンス

 遂に米ロ制裁の応酬に発展してきた国際情勢。
新冷戦は、過去の冷戦時代と異なり、中国が
台頭し、多極化していてかなり複雑である。

冷戦終了から世界のマネーフローが一気に金融
に流れ込み、株式上昇の恩恵を受けてきた。

世界のパラダイムシフトが起こりつつある。
そして、このような状況を米国株式は示している。

ダウ工業平均(対数)月足は、現在重要な局面を
迎えている3重のレジスタンスに到達している。

1990年ピークからの長期トレンド線①はこれまで
レジスタンス、ブレーク、サポート、ブレーク
そしてレジスタンスに激突。
2番目は、メガホンパターンの上辺に到達している。
3番目、ペンタゴンのメジャーレジスタンス(対角線)
上げ止まっている。

株式市場は、重要なレジスタンスが密集し、次の出来事
を待っている。

新冷戦の姿はどのような時代だろうか…?


 HOME