fc2ブログ

ジャンク債崩壊と米国株式

2015. . 17
    小売り米国輸出入

マスメディアがくりかえる結論で使う「中国はダメだが、
米国景気は良いので・・・」というフレーズに違和感をいつも感じる。

左右のチャートは、米国経済の消費と輸出入を素直に見ると、
かなりまずい状況である。

普通であれば、金融緩和や減税等景気対策が必要かを検討する
局面のように感じる。

中国経済はダメだが、米国はいいからねーというエコノミストは
何処を見ているのだろうか。

世界経済が危うしという背景で、石油価格下落で石油掘削業者
は苦しくなってきて、ジャンク債の崩壊に繋がっている。

高過剰流動性でジャンク債と米国株式は揃って上昇してきた。
「炭鉱のカナリア」であるジャンク債の崩壊は米国株式の危機を
示唆しているのではないだろうか。

             スライド1
             
もし、ジャンク債の下落に米国株が追いかけるということはないのか??
(詳しくご覧になりたい方は、左リンクのワカバヤシFXアソシエイツHPへ)
結論は、危機シナリオの戸口にいる、厳重な警戒が必要だ。


             スライド2





 HOME