FC2ブログ

ナスダックは中間反騰?

2016. . 06
昨年12月から複合的なリスクが顕在し、世界株式市場は大荒れで
あったが、ようやく薄日が差し始めた。しかし、これで終わりか?
断言できない。
ナスダック(100)のエリオット波動カウントは、12月から3か月にわたり、
下落5波動で大幅調整してきたが、2月中旬から黄金分割50%まで
反騰に転じている。このレベルは、逆ペンタゴンの水平対角線4300㌦
である。ここて注目すべきは、一目均衡表の遅行スパンがようやく陽転
しつつある点。

エリオット波動カウントは現在、下落トレンドの調整2波の中間反騰で
あると考えている。その上限目途は、ボリンジャーバンド2σ、4400㌦、
黄金分割61.8%であり、さらに急速に上伸すると3σレベルとなろう。

またパターン分析で、今後Head‐and‐shouldersが完成に向かう
場合、最大では昨年12月にダブルトップとなる可能性はある。

しかし、昨年から衝撃波で5波動カウントが完成されていることから
上記の反騰は中間反騰、先々は大幅調整という見方に変更はない。

              20160306fc2ndq100.png

今週はWTIの分析をしています。ご興味の方はクリックしてください。
      ワカバヤシFXレポート
 HOME