FC2ブログ

米国株のクリスマスラリー?

2017. . 25
いよいよ 米国は年末商戦である。

個人消費がGDPの7割を占める米国経済
その最も期待される売り上げが集中する年末商戦

米国株式もこの時期、クリスマス商戦に背中を
押され上昇する。

テクニカル上、あまり不安のない状況である。
ただ、エリオット波動カウントは、最終上昇局面である。
歴史的な「最終」上昇であるからその後は、悲惨な結果
が待っている。

        tvc_a528.png

その伏線は、勿論、地政学的な危機とロシアゲートが
織りなすリスクではないだろうか。

今週末、前安全保障首席補佐官フリン氏がモラ―特別
検察官と司法取引に応じたようである。

ロシアゲートがトランプ親族に及べば、トランプは形勢逆転
のため先制攻撃を始める可能性は否定できない。

トランプとしては、北朝鮮のミスを待っている状況であり、
戦前の日本のハワイ攻撃を待つ心境だろう。

1968年ニクソンの北朝鮮の米機撃墜はキッシンジャーが
核攻撃を阻止したが今回はどうか分からない。

米政権3将軍が頼りだが、上官には絶対服従が軍人の
躾である。

ごく平穏な年末を迎えるなら、もう一段の米国株の
上昇はあるのだが・・・

黄金分割日柄は、実は価格との均衡に達している
果たして❓

このあたりも、12月16日セミナではお話ししましょう。




スポンサーサイト
 HOME