放たれた矢?イーサ

2017. . 21
仮想通貨が話題とならない日はない。ビットコインにも
多くのバージョンが現れる中、これまで時価総額2位の
イーサもついに三角持ち合いを上抜けた。

まるで矢が放たれた状況といえる。

        20171221.png


しかし、勃興期の仮想通貨には、下剋上が起こる。

「ビットコイン・ジーザス」と呼ばれるロジャー・バー氏は
ビットコインキャッシュが何れビットコインを抜く日が来る
とする。

8月ビットコインから分裂したビットコインキャッシュが
イーサに時価総額で肉薄している。

今や一獲千金の日本人資金がなだれ込んでいる。
その背景は、円への信頼が徐々に希薄になっているのか
かもしれない。

進化の過程にある仮想通貨間の下剋上が今後も続き
仮想通貨の先行きは、ビットコイン先物も開始され
ますます予測が難くなった。

スポンサーサイト
 HOME