FC2ブログ

ドル指数は中期上昇が合理的?

2017. . 24
前CIA長官の下院証言や特別検察官設置で
外遊中のトランプは、国内的な状況は四面楚歌
になりかねない状況である。

もともと、彼らはディープステート側の人々であり
暗闘が表面化してきたことになる。

当ブログで大統領選挙はロシアハッキングによる介入
について3州投票再集計が問題という見方を紹介してきた。

プ―ティンとトランプは、謂わば「ずぶずぶ」の関係というのは
多くの見方で、多分そうだろう。

政治的な混乱が為替に与える影響は短期的とはいえ
やはり大きな問題となる。

欧州政治混乱がが小康状態のなか、ユーロもやや
自律反発し、ドルインデックは重要なサポートに
到達している。

仮に、ここで示したサポートが明確に切れてしまうと
やはり、ドルインデックの大幅な下落を覚悟しなければ
かもしれない。

トランプラリーで、ターゲットプロジェクションでは一つの
目標に到達し、エリオット波動5波完成という見方になる。

    20170524.png

ただ、金融政策は、継続的な利上げがテーラールールで
は必要であり、金利と為替の相関も踏まえておかなければ
ならない。

また、FEDのバランスシートを2兆㌦に圧縮するなら金利上昇
は必然で、ドル上昇は中期的なトレンドと考えてもおかしくない。

しかし、為替にはファンダメンタルズの合理性はあてにならない。

目先 テクニカルなサポートの今後を見ておくしかない・・・。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/454-4d04f5d9