FC2ブログ

瀬戸際のREITに思う

2017. . 07
REIT相場がじりじりと下値を切り下げ、指数は1650前後と
年初来安値(1620)に接近し、

アベノミクス相場の高値で買った地銀の損切りリスクへ
の懸念がこのところ高まっているとの報道。

地銀の危機感はかなり強い。もし、このレベルを割り込めば
相場の下押し圧力が加速しそうである。

この年初来安値はテクニカルにかなり重要で、まさに
黄金分割38%にあたる。

エリオット波動で言えば、いまA-B-C調整波のC波にあり、
通常は62%下値目途というのが普通である。

            REIT1007.png

勿論、A=Cで38%調整ですめば、地銀は損切に追い込まれ
ない。

上記の報道によれば、地銀が損切することによる
下押しを「外資」が押し目買いを狙っているという。

現在、分配金は3~4%であるから、下押しがあれば6~7%
これは非常に魅力的になるというわけである。

10年で倍になるリターンを虎視眈々と狙う、外資

異次元金融緩和で、REITに走った地銀は致し方ないこと。

その苦しさを分からない為政者、当局...まるで外資、
ハゲタカに狙われながら身を投げ出すような話し

これまでも続いてきた構図、流石に嫌になる
展開ではあるが、これが金融市場、弱肉強食の世界


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/481-74d88bb0