FC2ブログ

視界不良の長期化は「確か」‼

2018. . 11
米金利上昇や貿易戦争から、トルコが新興国の
経済危機ドミノを主導する可能性があるとの懸念
が広がってきた。

米国利上げは、イエレン流テーラールール(金融
政策の枠組み)によれば更に続けざるを得ないだろう。

現在の適正なFFレートは3.65%まで上昇しており、
今後6回以上の利上げが必要である。

      米利上げ0811

イールドスプレッド(長短金利差)が0.3%半ばであるので
利上げ2回でマイナスのイールドスプレッド(逆イールド)
になる可能性が高い。

金利上昇で過剰流動縮小で新興国から投資マネーが
抜け、一方で貿易戦争と米国経済後退が起これば
新興国発の世界経済危機ドミノの可能性が高まる。

貿易戦争、金利上昇、イラン再経済制裁、、、

そして米国中間選挙

視界不良が、さらに長期間続くことだけは確か、
歴史を紐解く夏休みにしょう。







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/522-9724cef5