FC2ブログ

混乱の幕開け 9月

2018. . 01
米国による産油国イランへの制裁を控え、原油相場は再び騰勢を強め
一方、中国などの新興国を中心とする海外景気の不安が続いている。

米国中間選挙を目前にしたトランプ大統領の政策を就任から、自分が
したいと思うことはするという自分勝手、自分ファーストは一貫してブレ
ていない。ただし、かなり間違っているが。

就任100日で目指した政策を進めれば、世界経済の混乱と国際情勢
の不安定化、そして国内分断は深刻になることは自明だった。

そして景気サイクル終盤には、金利上昇局面が訪れ、事態は
複雑になる。

エスタブリッシュの権化、FRBは日銀とは違う。今後も利上げは
実施するだろう。金融緩和終了、「ならぬものはならぬ」。
ただし、米国が良ければそれで良い。あくまで米国ファーストに過ぎない。

米国金利は、既に短期から10年金利まで上昇局面に転換している。
テクニカル分析で言えば、アリゲーター(複数期間移動平均)が
獲物を求め走る出す構えである。

          0901米金利

トルコ、アルゼンチン、、、新興国の通貨安がつづき、強烈な
金利上昇が世界経済へ如何にバックラッシュしていくか要注意。

今日は9月1日、いよいよい混乱の秋が始まった。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/524-ee21e244