FC2ブログ

金融動乱の扉を開く 2019年

2018. . 18
米国大統領選後、米国株式は乱高下を繰り返している。
米国株式市場の映し鏡である日本株式も行く先は
見えない。

足元の米国株式市場の様子をいつもの
究極インデックスで確認してみよう。

究極インデックスは、株式ロングポジション(保有)が
有効とする閾値65%を下回る状況である。
米国株式市場の内部は極めて脆弱である。

       米国株1118

つまり、保有は慎重に、保有を減らすべきという示唆。

米国株式を支えるのが、自社株買いの一本足である
状況であり、その原資は、企業収益と社債資金調達。

今後も金利上昇は続き、長短金利スプレッドがマイナス
となる逆イールドとなれば、一年以内に景気後退が
おこり企業収益の縮小起きる。

結果、金利上昇で社債発行縮小と企業収益減で
これまで米国株を支えてきた自社株買いは継続できない。

つまり、景気好調は今年で佳境であり、来年は厳しい
景気後退と金融市場の動乱の扉を開く年となる。

そして、23年までのグローバル・リバランスを経て
           25年には新たな金融秩序が始まる。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/536-eff8b9de