FC2ブログ

富士美術館、第9の怒涛

2018. . 04
先週、近隣の東京富士美術館でロシア絵画の至宝展
でロシア絵画を堪能した。

ロシア絵画はどれも驚嘆すべき傑作、また来訪者側の
体力にも十二分に配慮した展示絵画の量というのも心憎い。

更に、スマートフォンによる音声ガイドも至極便利だった。

どれも素晴らしい名画だったが、特に海洋画家アイヴァゾフスキ
『第9の怒涛』は心を打たれた。

何も寄せ付けない紺碧の海と光に淡く透け輝く海のコントラスト、
暴風で荒れ狂う波…絶えず表情を変える海は凄まじい臨場感で
迫ってくる。

そして、生死を彷徨う難破者は、船乗りが言い伝える、
刻一刻と迫る最後の巨大な第9の波=怒涛の恐怖
におびえつつ、第9の怒涛の先に待つ希望を祈る表情を見せる。

怒涛の9波でも生き延びる未来を願うのである。
9番目の波はまさに怒涛であり、神羅万象の大転換を
起こさせるエレメンタリー。

12回の9番目は108。

12月末日には人間の煩悩を振り払い新年の幸福を
祈る、除夜の鐘108は一年12か月と72候24節気の数字、
12+72+24の合計。

まさに時間の権化といえる。

そして、108の半分54、27は金融市場では国際通貨制度
転換をもたらす黄金分割サイクルである。

金融システムの根幹、通貨制度の変更の恐怖が
ひたひたと迫っている。

デジタル通貨、暗号通貨、ブロックチェーンと準備は
整いつつある。

金融市場では、上昇5波の3波が最大最強となり、
3波構成になった時、上昇は全体が9波で大天井。

米国REIT20181204



大転換を引き起こした後は、強烈な下落3波が待っていよう。

本年は様々な大転換が起きた、来年は金融市場でもいよいよ
第9の怒涛を迎え、大転換の覚悟が必要。

しかし、アイヴァゾフスキがかつて述べたように困難の先には
次の光輝くステージが待っていると信じよう。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/539-30a59070