FC2ブログ

金融市場は統計偽装に騙されない。

2019. . 27
統計偽装が明らかにした政策の出鱈目さには
言葉ない。政策の結果正しさが検証できず
どこに向かうのかが分からなくなる。

エコノミストの経済予測は、単なる「占い」になる。

恣意的に政策の結果が発表され、国民
コントロールする国家。ソ連は崩壊した。

戦前の日本、大本営発表。その代償は
取り返しのつかないものとなった。

企業で言えば、内部統制が杜撰で、決算が出鱈目で
実は、売り上げや収益が嘘で、とっくに破綻していたと
いうようなものである。

そうなれば、企業アナリストは妄想家となってしまう。

チャートは価格と時間、金融市場の参加者の苦闘の足跡。
事実としてそれはある。変えようがない。

世界中の何千何億の市場参加者の膨大な情報や
思惑の表象、代理指数がチャート。

さて、米国景気を知る術は統計だけではない。
ダウ輸送株指数は米国景気の代理変数。

そのダウ輸送株指数は、米中貿易戦争の影響を
いち早く反映し、これまでの右肩上がりの上昇
トレンドから脱輪し、大幅下落となった。

現在は、そこから急反発、中間反騰局面、重要な
嘗てのサポート線に到達。

          DJT.jpg

米中貿易戦争の悪影響が、ブーメランで米国経済
にじわじわと広がる中、景気悪化への耐性を発揮し
株価も経済も小康状態が続くだろう。

しかし、先々の更に大幅な下落のための準備
となると見ている。景気後退が待っている。

統計偽装があっても市場参加者は騙されない。
株式市場は、命がけの死闘の現場であるから








スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/545-591a434d