FC2ブログ

景気「時計」

2019. . 02
経産省の鉱工業在庫循環図が公表されている。
詳細は省略して、見方は、反時計まわりで第一象限
が景気の山、対角の第三象限が景気の谷。

景気の「時計」

現在は、景気減速が鮮明となる第二象限の戸口
に立ったところ。時間は進む、、、

       鉱工業生産


「ステルス」値上げ(価格ではなく、量で調整)から
価格値上げとなる状況が報道されている。

景気後退とインフレはスタグフレーション、日本は
世界に先駆け起きるだろうか。

FRBも、欧州中央銀行も金融正常化を断念した。
日銀だけが異次元金融緩和 独立独歩

いずれにしても、異次元金融緩和の限界が
くれば、小康状態だった景気停滞が深刻化する。

チックタック、時間は無慈悲に進む、、、
 チックタック、、、、
   チックタック、、、、
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/549-bb5fe58a