FC2ブログ

最後の藁一本

2019. . 16
「現代貨幣理論(Modern Monetary Theory)」を巡る論争が白熱
している。

MMTは自国通貨建ての債務で財政赤字を補える場合、政府の
支出余地が大きいと考え、経済成長のために積極的な
財政出動を提唱する。

実際の実験は行われていて、トランプ政権下の財政支出拡大で
政府債務は22兆ドル(約2450兆円)と過去最大に達し、財政赤字
は19年度から4年連続で1兆ドルを突破する。

米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は「良い経済政策の下では、
財政赤字を気にする必要ない」とする。

AOC(=オカシオコルテス下院議員)もニューグリーン・ディール策
でMMTで論陣を張る。

トランプもAOCや民主党は以外にも繋がっている。トランプと
ペロシ下院議長が実は結託しているというのも納得いく。

さて、MMTは国の財政政策に関するものだが、先々大問題となる
負債は、膨れ上がった企業の社債である。

チャートは、米国企業の商業(設備投資、運転資金)借入の
対GDP比である。

           CI対GDP

過去の米国景気後退では、商業借入の限界は対GDP比で
1割前後。現在は、超金融緩和で2009年世界金融危機を
超えて危険水準にある。

そして、債券市場の評価は、かなり警戒的で、投資適格債
の価格は天井パターンの三尊パターン完成している。

           投資適格債

足元は、三尊パターンのネックラインに定石通り、一旦
戻り、次の大きな変動を予感させ。

金融負債=金融資産、負債が行き詰まれば、資産価格下落が
始まり、資産価格下落は負債解消の中で加速する。

政府も企業もどうしようもない負債、
「最後の藁一本が駱駝(ラクダ)の背を折る」

最後の藁一本、、、、神のみぞ知る。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/551-89b7ff96