FC2ブログ

パウエルプットは機能中

2019. . 09
先週末、米国雇用統計で流石に景気後退の足音
を市場は聞いたのか年内の利下げまで期待し、
株式市場は続伸し越週。

『炭鉱のカナリア』逆イールドを点検すると部分的
ながら景気後退の可能性を発しているが、まだ
微妙な状況。

特に注目している10/2年金利はまだ逆イールドではない。

         逆イールド

確かに利上げによって短期金利上昇がボデーブローで
景気変調を引き起こしてはいるが、現時点では景気後退の
決定打とはなっていない。

予想以上に加速する米中貿易戦争で、景気変調が
確認される前に不透明な要素が予想以上に強まっており、
利下げが次の一手と市場が考えるのも当然だろう。

関税引き上げは、勿論、米国の増税であり、トランプ
の「中国に払わしてやる」発言は」全くの誤認。
増税はMMT持ち出すまでもなく景気減速へのみち、、、。

再選を目指すトランプからの圧力をかわし、金融政策の
自由度を確保するため、パウエル議長の昨年からの手のひら
返しの柔軟な姿勢は成功している。

つまり『パウエルプット』は機能している。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/561-0b13ef45