FC2ブログ

国債市場 異常あり

2019. . 07
国債10年が9月から大揺れで、金利プラス目前である。

例年、年末に向けて海外金融機関は自己資本規制対応
から資産圧縮に動く。

ただ、9月 米国短期金利がザラ場10%に急騰し、
FRBが大慌で急遽、市場に資金供給している。

年末特有の資金逼迫の考えてか、資金供給オペレーション
が続いている。しかし、金融機関で大きな問題が起きつつ
あるかもしれない。

それが、日本国債市場での金利上昇に反映している
可能性ある。

さて、国債金利上昇は、テクニカルで考えて、重要な
局面にある。ここで国債先物(価格)の動きを見てみよう。

これまで支持線や抵抗線として機能してきた
レベルで下げ止まり、今後の動きが重要になっている。

         JGB.jpg

支持線を明確に下回れば、長期的な国債先物下落(金利
上昇)となる。しかし、メインシナリオは、さらにハイパー
デフレ⇒高インフレという筋書きなので、現時点で一段の価格
下落ではないだろう。

サイクル上もまだ若干の上昇時間を残している。サイクル
ボトムは2023年央と考えられる。

過去の歴史を考えると、危機ドミノは大型倒産等を起因とした
金融機関の破綻。

来年央から始まる第2次金融危機(第一次金融危機は
サブプライム・リーマンショック危機)も金融機関の
破綻で幕開けとなるだろう。

レデバレッジ(負債解消)が資産の投げ売り、現金化
が最優先となる。外に逃げ出した資金の国内還流
から急速な円高と株安とハイパーデフレ。

しかし、そこからが怖い展開で、2023年を目指し危機
ドミノが始まる。














スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/584-7cc58721