FC2ブログ

中東情勢緊迫でも原油価格は低下

2020. . 18
2019年12月の米国小売売上高は前年同月比で9年ぶり
の伸びを記録し、米国消費は年末商戦は堅調だった。

FRBによる量的金融緩和の再開により景気後退の危機は
先送りされている。第四次金融緩和4QEで昨年後半から
の金利乱調を沈静化。

過剰流動性が戻った米国株式は史上最高値更新。

過去 米国経済との相関が高かった原油は、シェールガス
革命で原油産国となった米国にとって大きなインパクトを
考えなくてもよくなった。

シェールガス・オイル企業は低金利資金調達さえ可能で
ある限り、原油価格上昇のインパクトは抑制できる。中東への
強硬軍事外交政策もこの限りで成り立つ。

その観点でいえば、FRBの量的金融緩和再開はトランプの
軍事外交政策を支えている。

中東情勢の激化が劇的な上昇への懸念がある中、
テクニカル上は、強烈なダウントレンドのレジスタンスを
突破できない。

          原油0118

エリオット波動上カウントは、下落トレンド調整4波が
終了し、更に最終下落5波にある。

量的金融緩和の限界から金利の反乱が起これば、
株式、債券、、、あらゆる資産バブルが崩壊する。

2023年に向けて金融危機がおこる過程で資産バブル
崩壊と原油価格の大幅下落が起こる可能性
を考えておくべきだ。












スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/589-d85fc539