FC2ブログ

WITHコロナの時代のWTI

2020. . 19
FTのマーティン・ウルフ氏はこれから本格化する深刻な
世界不況をグレート・シャットダウン(大遮断)」と呼んでいる。

惨状はロックダウン(都市封鎖)が根本の原因ではないしとし、
封鎖を強行していなかったとしても世界経済は崩壊していた。
そして、封鎖を解除しても経済の崩壊は続くとする。

武漢肺炎は20世紀起きた感染症1918年スペイン風邪以来の
凶悪のステルス感染症であり、特効薬もワクチンもない。

           感染者弾道分析
             (”感染者”弾道分析)

各国毎に強弱があるがロックダウンしても、大きな犠牲を
伴う短期での勝利となっていない。集団免疫も現時点では
確認できず、悲観的には免疫に期待できないかもしれない。


ハーバード大学の最新の論文では終息は2022年、流行
5回の可能性が報告されている。

      WITH コロナの時代

      握手も、ハグもない世界

   共同体の空洞化 や 人口減少加速

この状況を踏まえれば、グレート・シャットダウンで
今後の金融経済を考えざるを得ないだろう。

WTI(原油)は、世界経済がグレートシャットダウンという
状況を織り込み、暴落から立ち直ることが出来ない。

        原油0418


更に大幅な下落し、歴史的安値10ドルの可能性がある。
その場合、経済地雷となっているシェールガス企業破綻
から信用リスク崩壊が始まるだろう。








スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/602-3ec1874d