FC2ブログ

ビットコインへの年末逃避が起きるか?

2020. . 13
10日、FRBは少なくとも2022年末までゼロ金利政策を維持する方針
を表明。雇用回復は緩やかで、米経済の再生も23年以降にずれ
込むと予想。

また、米政権と議会はすでに3兆ドル弱の新型コロナ対策を発動し、
財政赤字は4兆ドル規模と前年の4倍になる可能が高く、、
市場には常に金利上昇圧力がかかる。FRBはこれを踏まえ
3つの追加策を検討すると発表した。
①新たな金利目標②量的金融緩和拡大③フォワードガイダンス

とくに、フォワードガイダンスで長期的なゼロ金利政策は重要だ。
このことから、金価格は堅調に推移した。空前の世界的な財政出
と金融緩和は将来的な通貨価値の下落をもたらす。

一方、デジタル金であるビットコインも先月12日に半減期を迎え、
話題となっている。これまでの2回半減期ではその後数カ月で
急騰しているからである。

金や銀等のストックフローモデルを参考にした価格モデルでは
今後は数倍から10倍程度の価格上昇があるとする。

         BTC対数チャート

ダイナミックペンタゴン分析(対数)で考えると、一部で予想
される10倍上昇の可能性がある。

その場合、今回の高値のタイミングは2021年秋。

ただし、足元は2波となる展開なので、下値7000㌦まで
12月までに調整する可能性がある。うまく、時間調整
であれば、数カ月持ち合いで上昇3波に移行できる。

空前絶後の紙幣印刷で溢れかえった世界の中で、金や
ビットコインで資産保全を検討すべきだ。

ただし、ビットコインの価格変動を考えるとポートフォリオの
5%程度が上限だろう。






スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/610-b42b6e2f