FC2ブログ

米国ついに「日本化」が始まったか

2020. . 29
米連邦準備理事会(FRB)は27日、ゼロ
金利政策を長く続けるため「物価上昇率が
2%を一時的に超えることを目指す」とする
新しい指針を決定。

パウエル議長は同日、オンライン形式の
ジャクソンホール会議で「常に変化する
経済の新しい課題に適用する必要がある」
などと説明した。

金融経済を決めるのは金利、そして

世界第二位❕(購買力平価ベース)GDPでも
世界金融経済の将来は米国が決める。

その米国が「日本化」を恐れる事態になって
いる。長引く景気後退によるデフレの定着
は絶対避けたいという。

しかし、深刻な景気後退は2023年まで続く
だろうが、その間に、深刻な景気後退で
サプライサイドが企業倒産で引き起こされ、
インフレが同時進行しする数十年ぶりの
スタグフレーションの方が可能性が
高い。

インフレ博士のドクター・コッパ―と米国10年
金利の関係は足元、8年ぶりの大きな乖離である。

        tvc_67f52f70c7b860106ad2583711562852.png

インフレ容認に転じたFRBの思惑通り、超低金利を
と未曾有うの財政策を続けながら、塩梅よく景気
浮揚させ、めでたく日本化なし シナリオ

有効なワクチンもできて万歳!

そんなうまい話があるだろうか、、?







スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/621-4ae7bdb8