FC2ブログ

歴史は繰り返す❕

2020. . 18
歴史の転換点に立っている。

その中でも2020年米国大統領選は
もっとも重要な出来事となる。

確実なことは皮肉にも大統領が簡単に
決まらないことだろう。

このことはとっくに覚悟していること。

改めて確認してみると、
12月14日 選挙人による投票
  538人中270人を得た候補が当選。
1月6日 連邦議会で開票
  連邦議会で開票され、当選者が正式に決定。
1月20日 大統領就任式

まず、12月14日までプロセスがトランプの勝利
宣言と不正郵便投票問題糾弾で民主党側と
激突し選挙人投票プロセスが取れない可能性
高い。

2000年ゴア対ブッシュでは最高裁による判断が
混乱を収めたが、今回は保守派判事が6人であるが
果たしてどうなるか分からない。

仮に選挙人投票になっても過半数に至らない
状況も可能性を孕んでいる。

更に1月6日でもどちらの候補に投票するか
宣誓していない非宣誓選挙人もいて
最後まで分からない。

正式に決まらなければ、どうなるか。

憲法上は承継順位3位は下院議長。現在は
民主党ペロシ下院議長であるが、、、、。

米国大統領不在期間があれば、国際情勢は
混沌となる。コロナ禍で深刻な状況に置かれている
世界経済はますます混迷。

米国の揺らぎでドル安が起これば、資産保全
リスクオフが強まる。その観点から言えば
長い目でみれば、金や暗号通貨への資金逃避
が起こることだろう。

ビットコイン週足をペンタゴン分析で見ると
10月中には上昇局面入りしそうである。

今年3月ボトムから18週目から上昇し、一旦
調整したが、足元27週目から動き出している。

        BTC対数チャート1011

ビットコインは金価格推移をの5倍速で再現し、
過去2回の半減期ごとに10倍となってきた。

今回はどうだろう。次の半減期2024年は
新国際通貨体制2025年の前年である。

そして、2024年は再び米国大統領選。今回
どちらの高齢大統領になっても


新しい世界の幕開けを告げる大統領が登場する。

歴史は韻を踏み繰り返す。世界は歴史サイクル
の転換をどう乗り切るのか試されているのだ‼









スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marketcrossover.blog136.fc2.com/tb.php/627-8306e4e5