FC2ブログ

金銀比率シグナルは機能不全?

2016. . 20
金価格と銀価格の比(GSR)はリーマンショック前まで正確に
米国株暴落を言い当て来ました。

つまりGSRに急騰と株価下落は逆相関。その閾値は60。

現在、数年間におよび閾値を上回っている。

リーマンショックは、この関係を破壊され、まるで
順相関のような振る舞いとなっている。

2012年9月からQE3は、米国債450億ドル・MBS400億ドル
・計850億ドルを毎月買い上げ続け、2013年12月までの
16ヶ月間で総額1兆3,600億ドルを買い上げるというQE1に
匹敵する大規模が起こしたこと。

米国株上昇は、低金利調達による自社株買いと中央銀行
や(公的)年金等の投資。

自社株買いによる株価上昇は、役員の
ストックオプションで巨額の報酬になる・・・欲望のままに

中央銀行の株式購入は・・・何故か、言うまでもない。

世界的な異次元の金融緩和は、5000年(?)の人類史上
初めて世界中がゼロ金利を目指す時代であることを示す
出来事が続く・・・

そして、先週、グリーンスパン氏は、近い将来
驚くような金利上昇と景気後退(スタグフレーション)
が起こると警告した。

いつか?9月か大統領選後なのか・・・要注意。

            GSRと株

日本国債 急落!!

2016. . 30

       JGB20160729

日銀の3次元金融緩和(QQE)に手詰まり感が強まり
つつある。

7月21日のブルーンバーグ記事で元日銀の岩村教授(早大)
は「現状は、昭和44年夏(インパール作戦)の状況」という。

ここまで来たら、最後まで突き進むはず、という思惑が
完全に外れたようである。

失望感が強まれば、出口政策もないまま、市場の暴力に
晒される。

7月29日のJGB先物は、最終5波が進展中のあとの急落である。
黄金分割61.8%調整は、一目均衡表の遅行スパンの陰転。

来週以降、まさかの150台の調整とでもなれば、「44年夏」
から一気に「45年夏」=敗戦に時間が飛んでしまう。

大きな激変は、いつも夏・・・危ない。


日経平均は円建てダウの別名

2016. . 10
毎度おなじみの「米国雇用統計」発表による乱高下が
終わりいよいよ要注意の7月中旬である。

今月7月は、2007年パリバショックからはじまる2007年
から黄金分割日柄108ヵ月目。黄金分割108は最重要
ナンバー54の倍、煩悩の数、一年の時間的な合計
と謎に満ちている。

米国雇用統計を受け、今月のFRBの決断は
どうなるのか注目が月末に向け再び集まる。

ドル円は、すべては、米国次第である。欧州の状況
次第では、利上げどころか利下げだろう。

日経平均はよく知られているように、円建てダウ工業平均
の別名である。

為替とダウ工業平均の回帰モデルの相関は95%。
極端に言えば、もはや個別銘柄のファンダメンタルズなど
無視しである。

      円建てダウ


そして、そのダウ工業平均自体が、企業収益と大幅なかい離し、
先週上昇、ファンダメンタルズでは説明不可能である。
(→先週のブログ参照)

糸の切れた凧のような世界の株式市場はどこへ向うのか
この連想からは失速して・・・



世界株式指数は初夏以降、再び大波乱?

2016. . 16
凍り付いていた世界株式指数(グローバルダウ)は、2012年
10月安値と2014年7月高値の61.8%調整し、現在、二回目の
中間反騰になっている。一目均衡表は、三役の変化が近づい
ている。(丸印)

 しかし、筆者のエリオット波動カウントは、先々の大幅
かつ強力なC波1-2、ⅰ-ⅱが進展中というシナリオに
変更はない。
先々の大幅かつ強烈な下落3波までの緩みに過ぎない
だろう。
 
世界中にリスクが拡散し、「ネオンスワン」(リスクが夜
のネオンサインのようにいたるところである状態)の状況
で、特定できない。
 
エリオット波動カウントが正しならば、再びリーマ
ンショックを超えるような大きな問題がグローバル・
キャピタル・マーケットに起きるということだろう。

何が起きるかは、神のみぞ知るだが・・・??

            20160416wwafxfree.png

   その他、各市場の分析は、下記HPの無料ページへ
           ワカバヤシFXアソシエイツ

日経平均 再び売りシグナル

2012. . 27
長く続く揉み合いだが、大変動時期に入りつつある中で

 日経平均週足は「売り」シグナル

日経平均1026W

 チャート分析(ペンタゴン)は、黄金分割日柄で来週50週目で、

 重要な節目となる。果たして、何か起こるのか・・・前回は、311

 悲観的過ぎるだろうか?

日経平均1026W

 なかなかにひとりあればぞ月を友 蕪村
 HOME